現在40歳の主婦です。今の主人と結婚する前に自己破産しました。

原因はカードローンの借入額が500万まで増えてしまい、借りては返済しての繰り返しで元金がいつまでも減らず、先の返済の見通しが立たなくなってしまったことからです。

私は今の主人との結婚前に一度離婚しており、借金の内200万円は前の主人が残したものです。

残り300万円は実父の事業不信からのもので、離婚後に実家に戻っていた私は事あるごとに父にお金を出していました。

25歳になる頃には昼間の仕事だけでは返済が出来なくなり、夜は水商売をしながら返済していました。

ところが返済しては足りなくなりの繰り返しで、30歳になる頃に法テラスに一度相談をしてみたのです。

私は借金で苦しくても、自己破産だけはしたくありませんでした。理由は新たなローンが組めなくなり、クレジットカードも持てなくなるからという事です。

この事から金銭感覚がおかしいという事が今ならわかります。足りなくなったら借入するというサイクルが当たり前になってしまっていたのです。

法テラスで紹介された弁護士の方と面談し状況を伝えると、すぐに自己破産を勧められました。

父への事業資金の提供が援助かどうかが当初細かく聞かれたのですが、これは父への貸しであった場合、返済の義務が父に発生するからです。そのため援助であった事について細かく説明する必要がありました。

それまで弁護士に相談ということがすごく怖い事だったのですが、すごく親身になってくれて安心しました。今まで誰にも相談出来なかった事でしたし、お金の心配を常日頃からしていたので、この日に一気に解消されたのを覚えています。

難しい処理は全て弁護士さんが行なってくれて、私がしたのは借金が出来た経緯を作文のような感じで作成した事だけでした。最後に裁判所に行き、免責許可決定を受けて終了しました。

弁護士さんへの費用は14万円程で、その後月々1万円ずつ返済しました。

今は法律も変わり簡単に借入が出来なくなっていますが、以前は自分の収入以上の借入が簡単にできていたので、借金は簡単にできてしまう反面、返済の厳しさを学べたと思い、いい勉強になったと思っています。

すぐに債務整理を得意とする弁護士に無料相談したい方は「無料の債務整理で人生をリセット」におすすみください。